ここ何年かの間に光回線業者が知識がない高齢の方を訪問してワケがわからない間に契約させるケースが多くなっています

ここのところ、光回線業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約トラブルが多くなっています。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにいたしました。
プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダを契約したのですが、間違えたと思っています。
確かに、料金の面ではかなり出費が減りました。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
安易にプロバイダ変更をしてしまったなと、悔いています。
早いと定評のある光回線が安定しない理由の一つをあげると、光回線は、隣近所の住宅やマンションの中などで回線を分配しているため、使う量が多い人がいるところでは遅くなるケースがあります。
週末や夜などの決まっている時間帯に段違いで遅くなってしまい、安定しないケースはこの理由のせいかもしれません。

http://xn--54qx9k05bqy4ds4a.skr.jp/