住宅ローンの借り換えのタイミングは?

住宅の購入にあたってはその大部分の人が住宅ローンを利用しているのですが、その後は黙々とローンを返済しているだけという人も少なくありません。
しかし様々に経済状況が変化していく中において、何も考えずにローン返済を続けていると実は損をしているというケースもあるのです。
当然ローンの金利は取り扱い業者によって異なってくるのですが、同じ取り扱い業者であってもその金利は経済状況に応じて変動していきます。
つまりタイミングを見計らって現在の住宅ローンを借り換えるということも頭の中に入れておかなければならないのです。
もちろんその際には現在借りている取り扱い業者よりも金利が安いことは大切なのですが、その他の要素にも注目していかなければいけません。
特に要注意なのが保証料や繰上返済の利便性です。
保証料の扱い次第では結局コスト増になってしまうケースも出てきますし、繰上返済にコストがかかると負担抑制の足かせとなります。
住宅ローンの借り換えはこれらの要素を踏まえながらタイミングを見計らうことが大切です。
住宅ローン借り換え審査研究一覧