SBIモーゲージとフラット35αの関係は?

SBIモーゲージを組み込むにあたって、「フラット35α」を利用することもできます。
この「フラット35α」を利用することと、「フラット35」を利用することには、違いが生じています。
「フラット35」でれば、10割を固定金利として住宅ローンに組み込むことができます。
しかし、この「フラット35α」であれば、住宅購入に必要とされる自己資金もあ借り入れることができるようになっています。
9割の金額を固定金利で借り入れて、残りの1割を変動金利で借り入れるのです。
このようにすることによって、自己資金がないとしても、自分の住宅をもつための自己資金を集めることが出来、多くの方が利用しやすくなりました。
これら2つのどちらが自分の住宅ローンにあっているのか、最寄りのSBIモーゲージの店舗で相談をすることも可能になっています。